【いじめ】「自宅まで押しかけてきて、羽交い締めにされ…」自殺未遂まで追い込まれた中3女子、学校側の対応にあなたの心は震える。 | バズったニュース

【いじめ】「自宅まで押しかけてきて、羽交い締めにされ…」自殺未遂まで追い込まれた中3女子、学校側の対応にあなたの心は震える。

胸糞注意
スポンサーリンク

このニュースの概要

・山梨県の中学校に通う3年生の A 子さんは、1年半前に自殺未遂に追い込まれた。

・小学3年生の時に山梨県の学校に転校したA子さんに対するいじめが始まったのは、中学1年生の時だった。

・5年間、一人でいじめに耐え続けたA子さんは活発な子だったという。それが一転していじめの対象になると、次第に口数は少なくなっていった。

・校長「“チームA子”で頑張ろう、みんなで写真を撮ろうと言われた。こういう時は手と手を取り合って、みんなで頑張って、A子さんの結婚式の時に『こんなこともあったね』と出しましょう」とバカみたいな発言。

 

「学園ドラマ」のような学校のいじめ対応に母怒り 「死ななくてよかった」壮絶ないじめに苦しんだ中3女子のいま

 

映像はこちら

教師も見て見ぬふり?国の介入はない方がいい? いじめ問題にどう向き合うべきなのか

 

このニュースの要約

山梨県の中学校に通う3年生の A 子さんは、1年半前に自殺未遂に追い込まれた。小学3年生の時に山梨県の学校に転校したA子さんに対するいじめが始まったのは、中学1年生の時だった。5年間、一人でいじめに耐え続けたA子さんは活発な子だったという。それが一転していじめの対象になると、次第に口数は少なくなっていった。「無視され、仲間外れにされ、物もなくなった。自宅に家族がいない早下校のときには自宅まで押しかけてきて、羽交い締めにされ、蹴られたり、ボールをぶつけられたり……」具体的な対応を求めた二人の要望に対する学校側の対応は、まるで学園ドラマのような驚くべきものだった。校長先生に“チームA子”で頑張ろう、みんなで写真を撮ろうと言われた。こういう時は手と手を取り合って、みんなで頑張って、A子さんの結婚式の時に『こんなこともあったね』と出しましょうと言われて、娘の命を軽く見られ、バカにされている」

 

Twitterの反応

 


ネットの反応

 

>校長先生に“チームA子”で頑張ろう、みんなで写真を撮ろうと言われた。こういう時は手と手を取り合って、みんなで頑張って、A子さんの結婚式の時に『こんなこともあったね』と出しましょうと言われて・・・

夢見る校長はいらない。

 

教師をしている人は人生の挫折感が薄いか無い人が多いからこういう対応になるんでしょう
人間、経験が無い事には対処しがたいのはありうるでしょうから
私自身小学校中学校といじめられてきましたので経験してますが大人は見て見ぬふりか、いい顔してわかったふりして逃げる人が多い事です
子供はそういう事に敏感なのであきらめてしまうのです
命が失われてしまうような重大な事態が迫っている事に早く気づいてあげられる仕組みが即刻に必要です

 

先生もゆっくりと生徒の気持ちに向き合う心の余裕もない現状にも問題があるだろう…
どうにかしなくてはいけない問題もどうにも出来ない、になってしまっている。
誰だって激務のなかで人の心や気持ちにしっかりと寄り添える余裕はない。
その現状を変えるのも、教育委員会や校長の意識だろう。
しかし校長は退職までは面倒な問題は起こしたくない人が多いし、今までのやり方を変えようとする人も少ない。
先生側もどうにしたいと思って校長にフォローを求めても結果的に何の解決にもならず終わる。
いつまでも傷ついたままの生徒はいなくなることはないだろうと思う。

 

面倒ないじめ問題放置しても解決しても給料が上がらず評価されないなら見て見ないふりをしていじめられっ子が卒業するのを待つのは卑怯だけど賢い教師なのでしょうね。。
面倒ないじめ問題を頑張って対応する教師は無駄な時間を過ごされて損することになりますもんね。。

 

いじめ加害者がヌクヌクと学校に居続けられることがおかしいのです
スクール弁護士の採用が進み始めているようですから、いじめ加害者を転校させたり、少年院に送致してくれるところまで頑張って欲しいと思いますね

 

いつも思うんだけど、

いじめに対して教師含めた大人が介入せず、子ども自身に任せた方がよい

という考え方に違和感がある。
はっきり言えば、教師が面倒になるからその方針があるのだとしか思えない。

子どもは、していいこと、悪いことをきちんと判断できる存在ではない。
だからこそ、トラブルがあったら、大人が介入して、あるべき姿を示さなければならないのでは?
子どものことは子ども同士で解決、の前提があることで、いじめられた側はSOSを出しにくくなり、いじめの長期化や過激化に繋がってると思うんだよねー。
SOSを出せば、親や先生が必ず助けてくれる。
そういう仕組みが大切だと思う。

 

この校長は、現場にふさわしくない人物ですね。
元教員ですが、今は昔だったらちょっとしたからかいだと片付けられたことが、全ていじめという認識で報告されるようになっています。
しかし、いじめ対策委員会や第三者委員会など、名前をとりあえずつけて設置されていますが、ほとんどの場合、現場の役持ちの教師がかけもちしているだけで、別に特別なことをしているわけではありません。
また、教師が多忙で余裕がないと言うのは、言い訳です。当事者でなくても、必ず情報提供してくれる生徒がいるはずです。日頃から生徒とコミュニケーションを取っていれば、ストップ出来ることです。担任はもちろん、全ての教師がそうあるべきです。子どもの問題が大きくなるのは、大人の観察力不足です。少しの変化に敏感になれなければ、子どもを守ることはできないです。
現場では、教科指導以上に生徒指導力が必要とされています。

 

いじめを学校内だけで対処しようとするから有耶無耶になる。そもそもなぜ薄給の教師が生活指導をしなきゃいけないのか。生活指導、生徒のフォローはそれ専用の人を選ばなきゃいけない時代だと思う。いじめの件は行政、事件性がある場合は警察も巻き込んで対処するべき。

 

学校でなく職場ですが、いじめで一番辛かったのは、いじめられたことより、斜め前に座っていていじめの現場は見えなかったかもしれないけど、確実に声は聴いていたはずの人が「何も聞こえませんでしたけど」と言ったことです。
「ひどいね、辛い目にあっているね」と一言でいいから、共感の言葉を言ってくれたら救われたのにと思います。

いじめがあることを認めることはこわいことだと思います。認めてしまったら、上からにらまれたり、いろいろやっかいなことが起こるから、認めなくないんだと思います。
実際、被害者の気にしすぎというパターンもごくわずかですが、あるでしょう。

でも、やっぱり辛い思いをしているという人がいたら、それはその人にとってそうなんだから、「辛いんだね」と共感してあげてほしいです。

 

子供の事だけに専念できないのも、現場でいじめ対応が進まない原因の1つの気がする。
昔からこうだから。で、いまだに残ってる書類とか色々…
それに、モンペと言われる保護者の増加。
いじめの対応とモンペの対応…
モンペの対応を優先してしまうのもあるよな。

勤務時間が終わってから始まると事務仕事。

学校の先生との合同研修で定時17時まで研修を受け、これから学校戻ってサービス残業。

学校問題、国がなんとかするしかないよ。
ただ、国会議員さんたち現場をわかってない上に、子供たちに投資しても票伸びないから、やらないよね。
謎の無償化とかしてる場合じゃないよ。
無償化になったことで、負担増えた家庭もあるんだよ。

 


トレンドニュースランキング

バズったニュース
毎日2、3記事の更新をしています。 面白い、バズっている記事を見たい方はぜひいいねとシェアをよろしくお願いします!
最新情報をお届けします!
胸糞注意
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
バズったニュース

コメント