【胸糞注意】反省の色なし!出水中央サッカー部監督の暴行事件、「厳しい指導 今後に生きる」と発言し謝罪なしというクズっぷり... | バズったニュース

【胸糞注意】反省の色なし!出水中央サッカー部監督の暴行事件、「厳しい指導 今後に生きる」と発言し謝罪なしというクズっぷり…

胸糞注意
スポンサーリンク

このニュースの概要

  • 出水市の高校でサッカー部の練習中、監督が部員に殴る蹴るの暴行を加えている動画がインターネット上で公開され、学校がいきさつを調べています。
  • 動画はサッカー部の練習風景を映したもので、監督が生徒を呼びつけるといきなり足を蹴り、さらに顔を殴ると生徒がその場に崩れ落ちました。
  • 監督は聞き取りに対し「素直に話を聞かないのでいけないのはわかっていたが手を出してしまった」と暴力に至った経緯を説明しました。暴行後も生徒への謝罪の言葉はなく「厳しい練習も今後に生きる」という趣旨の発言をしたということです。

 

このニュースの要約

出水市の高校でサッカー部の練習中、監督が部員に殴る蹴るの暴行を加えている動画がインターネット上で公開され、学校がいきさつを調べています。動画はサッカー部の練習風景を映したもので、監督が生徒を呼びつけるといきなり足を蹴り、さらに顔を殴ると生徒がその場に崩れ落ちました。サッカー部員ではない生徒が動画を投稿していたことを把握。校長は「何らかの形で監督を処分するので動画を削除してほしい」と話したということです。監督は聞き取りに対し「素直に話を聞かないのでいけないのはわかっていたが手を出してしまった」と暴力に至った経緯を説明しました。暴行後も生徒への謝罪の言葉はなく「厳しい練習も今後に生きる」という趣旨の発言をしたということです。この監督は先月も「体育祭の片づけをさぼっていた」として別のサッカー部の3年生の首を殴り、校長から指導を受けていました。

 

出水中央サッカー部 監督が暴行 謝罪なく「厳しい指導 今後に生きる」


Twitterの反応

 


ネットの反応

 

「動画を削除してほしい」というのは隠蔽工作でしかありません。
動画が世に出ればいまよりも問題になることがわかったうえでの発言と捉えることができ、体育教師だけではなく校長も責任を取るべき事件と言えます。

そもそもネットは消せば増える世界です。
削除したとしても、問題だと感じられる動画であれば誰かが保存しています。
そうなると元ネタの削除後はそのコピーがどんどんと投稿され続けていくため、消えることはありません。

「動画を削除してほしい」などと言うまえに、体育教師にきちんとした処分を与えましょう。
この場合は暴行罪での被害届の提出です。
そうすれば今後、このようなことは起きません。

 

教師の生徒に対する「懲戒権」は、学校教育法11条で認められていますが、「体罰」は禁止されています。「体罰」とは、身体に対する懲戒であり、殴る・蹴るといった行為が典型ですが、正座や直立などを長時間行わせ、肉体的苦痛を与えるような懲戒も「体罰」です。ただ、裁判所によると、身体に対する有形力の行使は、それが生徒の身体に対する侵害あるいは肉体的苦痛を与えるものと言えなければ、懲戒権の内容として許容される場合のあることが認められていて、平手および軽く握った手拳で生徒の頭部を数回軽く叩いた行為について、正当な懲戒権の範囲内だとしたものがあります(暴行罪を否定)。
本件動画を改めて見ると、教師は生徒の左足をかなり強い力で蹴りつけており、さらにその直後に生徒の右顔面を、生徒が倒れるほどの力で殴っている点で、強い肉体的苦痛を加えており、もはや正当な懲戒権の範囲をはるかに超えていると言わざるをえません。

 

Jリーグでも湘南の曺貴裁元監督のパワハラ問題が取り沙汰されました。
基本的にはこうした事例は個別に考えるべきで、Jリーグが調査を依頼した担当弁護士も、言動のみならず、経緯や文脈、当事者の関係性、対象者の感情を踏まえた上でパワーハラスメントと判断した、と報告しています。

実際、曺監督の言動をパワハラとは思わず、好意的に受け止めた人もいるので、そうした個別の背景を踏まえて判断しなければならないのでしょう。

しかし、この出水中央サッカー部監督の件は全く種類が違います。これは周囲の受け止め方など変わらない。明らかな暴行であり、経緯、文脈にかかわらず許されません。しっかりと謝罪しているのなら、復帰の道を模索してほしいですが、現状ではこの監督は現場に立つべきではありません。

「厳しい練習も今後に生きる」と言っていますが、明らかな暴行を指導の文脈で語られることはスポーツ界にとっても迷惑な行為です。

 

「厳しい指導 今後に生きる」そういう教育方針なら、まずはなぜ当該生徒を呼びつけたかを、きちんと本人に説明すべきではなかっただろうか?いきなり理由も告げられずに思い切り殴る蹴るの暴力を受けるのでは、本人も保護者も周囲の他者も納得しないでしょうに。それに、ダメだと知っていて手を出す時点で既にそれは「確信犯」と呼べるのでは?
生徒側にも非があったかもしれないが、この監督の軽率な言動のせいで真面目に練習に励んでいる他の生徒がかわいそうである。教育委員会や学校は、調査と再発防止策をしっかり取り組んでほしいと思う。

 

少し前までは、
傍観者も、加害者と同じ
という認識でいましたが、

どうやら時代は、
撮影者は被害者を助ける可能性もある様ですね

とは言っても、
既に被害者は心身ともに被害にあっていますし、
手遅れになる可能性もある
被害者からしたら、一刻も早く、
その場で助けて欲しいだろうし、、、

でも、本当に悪質な場合、
隙をみて、裏を取るしか方法はないですよね

 

監督や教師は権力者でもないし、親でもない。
殴れば生徒が言うことを聞くとでも思っているのか?
生徒が指導者をリスペクトしていれば、話をするだけでも生徒は真面目に取り組むと思う。
たしかに今の子供達は大人をナメてる部分は多々あると思うが、そう育てた親や学校にも問題はあるはず。
でも、立場を利用した暴力は謹慎や減給とかではなく、傷害事件として扱わないと同じことは繰り返されるよ。
校長や教頭の注意は聞かないだろうし…
指導者に対する上からの指導を強化すべきでは?

 

海外で指導して来た者です

同じ日本人として発言しますが、日本で仕事してる指導者は暴力的になりやすいと感じてます。また手を出さなくても発言が人を平気で傷つけています。

海外で特に欧米でこのような事があれば裁判です。 日本は裁判になるどころか隠蔽されています。

子供が隠し撮りしてまで訴えるということはこの監督さんは相当嫌がられていたと推測します

学校も高体連もこうゆう事実に向き合うべきです

 

この監督は教育者としては不適格です。子供がサッカー部だった時の夏合宿で、ロード中に1年生の部員が倒れ、救急車を呼ぶ事態になり、警察から注意されたときも、反省し改善するでもなく、「今の社会は間違っている。甘やかされている。俺の指導が正しい。」と生徒達に言い放ったそうです。今回のような暴力は日常的に行われていました。

 

30数年前の中学の国語教師の体罰で、一番前の席の生徒が最後列まで動くくらいの数十発の往復ビンタくらってたの思い出した。大した理由もないし、それも一度や二度じゃない。数年後に別の学校の生徒の鼓膜破って新聞載ってたけど。そういうのが普通にまかり通ってたのが今考えたら恐ろしい。

 

暴力が体に染みついているんだろうな。多分、このままだろうなと思うのですが。

 

投稿した生徒に校長は「何らかの形で監督を処分するので動画を削除してほしい」と話した。

この表現が本当なら、凄く違和感を感じるのは私だけか⁈
先にすべきことがあるはずでしょう。
校長は当然、他に知っていた教員も同罪でしょう。

逆に言うことを聞かないなら、他にもやりようはある。
結局、顧問は手抜きしただけ。
面倒なら部活を引き受けるなよ。

 

この様な暴力を道端ですれば、間違い無く刑事事件になると思うのですが、何故かスポーツになるとまかり通ってしまうのはおかしいと思います。確かに色々な生徒がいて、指導者もイラッとくる時が有ると思いますが、まずは対話をして、相手のヤル気が無いので有れば、暴力で制御するのではなく、すんなり退部をしてもらえればいいと思います。その方が、ヤル気のある選手達にもプラスになります。また、ヤル気のある選手達が暴力を見てしまうと萎縮してしまうし、全て悪い方向に進むと思います。

 

体罰で強くなる人間も確かにいたかもしれない。
しかし、大半が体罰で人間を駄目にしたり、逆に暴力で解決できると誤った考えを持ったりと、暴力では何も解決しないことを、指導者だけではなく皆んなに知ってもらいたい。

 

 


トレンドニュースランキング

バズったニュース
毎日2、3記事の更新をしています。 面白い、バズっている記事を見たい方はぜひいいねとシェアをよろしくお願いします!
最新情報をお届けします!
胸糞注意
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
バズったニュース

コメント